読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念 見解② ディープインパクト産駒

 

今回は宝塚記念に出走するディープインパクト産駒の取捨について書いていこうと思います

頭数も多いですし、ここが一番迷うところですね

 

まず過去3年で馬券圏内にきたディープ産駒を見てみましょう

f:id:ryokeiba:20160624191239p:plain

何か気づきましたか?

そうです、どの馬も母方にパワーのある血を引いていますね

 

とは言っても、血統がよくわからないという人もいると思うので、個人的な見解ですがざっくりと血統について説明したいと思います

まず前回も書きましたが(宝塚記念 見解① キングカメハメハ産駒)、今年の宝塚記念は時計のかかる馬場なのでパワーがある血統がとても有利です、しかしディープ産駒はパワーがあるというよりは良馬場で末脚炸裂ドカン!といったタイプなのです

なのでディープ産駒であっても母方にパワーのある血が入っていることが宝塚記念で好走する条件なのです

そこで大事になってくるのが、パワー血統です

今回の紹介するパワー血統は、まずミスプロ系(表では青く塗ってあります)と呼ばれるミスタープロスペクターの子孫たちです、

f:id:ryokeiba:20160623020653p:plain

前回の記事で書きましたが(宝塚記念 見解① キングカメハメハ産駒)、ゴール前に急な坂がある阪神芝2200でディープ産駒より、キンカメ産駒の方が成績がいいのは、キングカメハメハがパワー血統だからなんですね

 

続いてノーザンダンサー系(表では赤く塗ってあります)と呼ばれるノーザンダンサーの子孫たちです、有名どころでは

f:id:ryokeiba:20160624232652p:plain

ディープ産駒であってもこれらの馬たちの血が二代、三代以内など近いところに入っていれば、血統的に多少パワーもあるディープ産駒と言えると思います

 

さて本題に戻ってもう一度過去3年馬券圏内のディープ産駒を見てみましょう

f:id:ryokeiba:20160624191239p:plain

まずパッと見てわかるのが、ディープ×ミスプロ系×ノーザン系(青と赤の両方持っている)と、ディープ×ノーザン系(赤のみ持っている)が多いですね、しかしディープ×ミスプロ系(青のみ持っている)はあまりきていませんね

 

ここで注意が必要なのがディープ×ノーザン系(赤のみ持っている)の馬たちです

というのは過去3年で圏内にきているディープ×ノーザン系(赤のみ持っている)を見てみると、ショウナンパンドラの母父フレンチデピュティはアメリカ血統のノーザンダンサー系であるヴァイスリージェント系という系統であり、ジェンティルドンナは欧州型のノーザンダンサー系ですが、母母がアメリカ血統の馬です

要するにディープ×ノーザン系(赤のみを持っている)では、アメリカ血統が入っていた方が良いということです、アメリカ血統はパワーがあることが多いので、注意してみた方が良さげです

 

今年出走するディープ産駒は

f:id:ryokeiba:20160624190044p:plain

まず好走パターンに多いディープ×ミスプロ系×ノーザン系(青と赤両方持っている)の馬は、ラストインパクトだけでした、人気はありませんが枠もいいですしここは買いです

次にディープ×ノーザン系(赤のみ持っている)はステファノスタッチングスピーチの二頭でした、注意点であるアメリカ血統を持っているかどうかなのですが、ステファノスは母父がアメリカ血統のヴァイスリージェント系のクロフネなのでクリア、タッチングスピーチサドラーズウェルズというアメリカ血統のノーザンダンサー系なのでクリアです、ですからステファノスは普通に買いですが、タッチングスピーチ牝馬ということなので一旦保留です(最後にまた触れます)

最後にディープ×ミスプロ系(青のみ持っている)のアンビシャスとマリアライトです、過去3年からするとあまりきていないので強く推せませんが、マリアライトは母母がアメリカ血統なのでアンビシャスに比べたら買いです

過去3年、ショウナンパンドラヴィルシーナジェンティルドンナ牝馬のディープ産駒が圏内にきているので、牝馬で買うとすればマリアライトでしょう

血統的にはタッチングスピーチの方がいいのですが、調べてみると過去3年の牝馬はどれも7番手よりも前で競馬をしていました、なのでかなり後ろから競馬をするタッチングスピーチは、いくら血統がよくてもさすがに牡馬相手で末脚一気はきついのではないかと感じます、血統的には少し劣りますがアメリカ血統の力を信じて中団で競馬ができるマリアライトをお勧めします

 

ここまで血統という観点から見て、ディープ産駒の取捨について見解を述べてきました、結論としては

ラストインパクトは血統がかなりよく、穴としては面白い

ステファノスは血統が普通にいいので買うべき

牝馬を買うのであれば、マリアライト

サトノノブレス、アンビシャスは血統的には買えない(アンビシャスは道悪が苦手だと陣営がコメントしているので、雨が降れば自信を持って消せますね)

といったところです

 

あくまでもこれは血統という観点での見解ですが、正直宝塚記念は血統くらいしか優劣つけられるところがないので、普段より血統を重視して予想をしてみてはいかがでしょうか