読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念 見解③ ハーツクライ産駒その他

 

二回にわたって宝塚記念の見解について書いてきました

 

今回はハーツクライ産駒とその他の馬について見ていきたいと思います

 

まず前々回の記事でも書いたのですが(宝塚記念 見解① キングカメハメハ産駒)、ハーツクライ産駒は宝塚記念の舞台である阪神芝2200mは、キングカメハメハ産駒、ディープインパクト産駒に比べて成績が良くないです

なので基本的には、きても2,3着までという見解です、

では一頭ずつ見ていきます

フェイムゲーム、この馬の戦績をみると明らかにステイヤーで、今回の2200mは距離があっていないのは明らかですね、後ろから末脚一気という競馬ではこのメンバー相手では厳しいのではないでしょうか、展開がはまりハイペースになればヒモで考えていましたが、重馬場に加えキタサンが内枠に入ったのでハイペースは考えずらいので自分は切る予定です

シュヴァルグラン、この馬がハーツクライ産駒の中では一番信頼できます、2200mもこなせますし3200mの天皇賞春もこなせていたので、スタミナがあり重馬場でも大丈夫でしょう、中団からいくこの馬にとってこの枠はプラスですし、福永騎手は阪神得意ですので、頭もあるかもしれません、この馬からの馬単など妙味ありそうで買いたいですね

ワンアンドオンリー、この馬は迷いますね、ここ最近は本当にいいところがなく去年と同じドバイからのローテーションです、が、鞍上は安田記念ロゴタイプを復活させた田辺騎手です、スタートを上手く出して2,3番手でじっとしていて、直線で内から抜くといった感じでしょうか、明日の馬場状態を見て考え直しという感じです、個人的には買いたくはないので明日馬場の内が止まるようでしたら思い切って切れます

カレンミロティック天皇賞春の2着にはやられました、かなり調教で動いていたそうですが、さすがに買えませんでした、前走は完璧に展開がはまりましたが、今回はこの馬と同じ位置からもっとキレる馬が何頭も出ていますし、追い切りも前走に比べるとデキ落ちという記事をどこかで見ました、切っていいと思います

 

余談なのですが、ハーツクライ産駒というのは基本的に晩成タイプなんです、今回出走するシュヴァルグランジャスタウェイをみるとわかるように5,6歳になってから突然強くなる馬が多いんです

しかし、ハーツクライ産駒でどうすれば3歳クラシック戦線で活躍できるかを考えて生まれたのが、ワンアンドオンリーカレンミロティックなんです、というのも母系に短距離血統を入れることで早熟型にしたわけなんです、なので血統的にみればワンアンドオンリーがここ最近いいところがないのは納得なんですよね

血統にはこういう面白さもあるんですね笑

 

さて最後にキンカメ、ディープ、ハーツクライ産駒以外の馬です

キタサンブラック、この馬と武豊騎手のコンビは怖いですが、今回は頭はないと見ています、ドゥラメンテデムーロ騎手も、はやめに仕掛けるとコメントしていますし、先行馬が多い今回は明らかにマークされるのは間違いないでしょう、この馬の後ろにぴったりとつけて、直線でパワーのある馬がキレる脚を使えないキタサンより、速い上がりの脚を使えば楽にかわすことができそうです、2,3着づけといったところです

サトノクラウン外国産馬で、戦績を見ても明らかに重馬場適性はありますね、ですが今年いまいちいいところがない岩田騎手ですし、中団につけたいのに外枠は不利ですね、稍重程度なら消しでいいかと思いますが、重~不良馬場になれば拾った方がいいでしょう

トーホウジャッカル、血統的に見るとスペシャルウィーク産駒はディープ産駒よりパワー系ですし、母父がアメリカ血統で母母はヌレイエフ産駒(詳しくは宝塚記念 見解② ディープインパクト産駒)なのでパワーはありますね、ここ最近の戦績を見ると自信を持っては買えないので一応ヒモで押さえておきましょう、母父がアメリカ血統ですので、重~不良馬場になれば2着もあるかもしれませんね

 

ということで宝塚記念は産駒別に血統というところにフォーカスしてみてきました

どうだったでしょうか、これを見て少し血統というものに興味がわいた、面白いなんて思っていただけたら嬉しいです!

では、